なばなの里 イルミネーション 2016-2017 日本一のイルミネーションが点灯!

img_8781.jpg

東海地方のイルミネーションの人気スポットと言えば、三重県の『なばなの里』です。

三重県桑名市にある『なばなの里』のイルミネーションは、全国イルミネーションアワードのイルミネーション部門で、2013年度から3年連続で第1位に選ばれています。

なばなの里の趣向を凝らしたイルミネーションのテーマは、直前まで発表されません。

そんな、東海地方だけじゃなく日本各地のイルミネーションファンが期待する『なばなの里 イルミネーション 2016-2017』が、ついにプレリリースされました。

気になる、『なばなの里 イルミネーション 2016-2017』のテーマや、なばなの里のイルミネーションの見どころを紹介します。

なばなの里 イルミネーションのテーマ

日本一のイルミネーションと言われる『なばなの里』のイルミネーションが、2016年10月15日よりプレリリースされました。

なばなの里のイルミネーションでは、毎年テーマに沿ったイルミネーションが楽しめます。

なばなの里 イルミネーション 2016-2017 のテーマは『大地~だいち~』です。

世界四大陸の秘境をはじめ、日本が世界に誇る大絶景まで、自然が作る雄大で豊かな美しい景観や、想像を超える移ろいの情景が色鮮やかに演出されるそうです。

なばなの里 イルミネーション 2016-2017で登場するのは、誰もが一度は行ってみたい、見てみたいと想い憧れる世界の大絶景です。

アメリカ大陸、南極大陸、アフリカ大陸、ユーラシア大陸と、日本を代表する美しい景色の5つの絶景を楽しめます。



なばなの里 イルミネーションの見どころ

光の回廊(光のトンネル)

なばなの里のイルミネーションの人気スポットが『光の回廊』です。

光のトンネルでは、沢山の方が写真を撮りSNSに投稿しています。

あまり知られていないのですが、なばなの里のイルミネーションには、イルミネーションの点灯式というものがあります。

イルミネーションの開催期間の17時半~18時頃に行われる点灯式は、なばなの里のイルミネーションファンが集まります。
点灯式で、一斉になばなの里のイルミネーションが点灯される瞬間は、知る人ぞ知る、なばなの里のイルミネーションの楽しみ方の1つなんです。

一斉に点灯されるのですが、光の回廊(光のトンネル)が一番人気です。

長さが200mもある光のトンネルが、カウントダウンで点灯する様は1度は体験した方が良いと思います。

花ひろば

光のトンネルを抜けると花ひろばに着きます。

ここが、なばなの里のイルミネーションではメインの場所になります。

花ひろばでは、テーマに沿ったイルミネーションを観る事が出来ます。

なばなの里 イルミネーション 2016-2017のテーマは『大地 ~だいち~』となっていて、世界の絶景をイルミネーションで表現しています。


アメリカ大陸 モニュメント・バレー Monument Valley



アメリカの原風景、大西部のロマンを彷彿させる絶景「モニュメントバレー」がモチーフとなっています。

先住民族が聖地と呼んだ神秘の荒野が広がる大地に、雄大な光景が広がる荘厳な姿の美しさは格別です。

茶褐色の地層の大地は、2億7千万年の地球の歴史と大自然の驚異を感じ、心奪われる世界観を様々なシーンで表現しています。

世界一美しい朝日とも言われる夜明けから、大自然の躍動感あふれる雄大なエネルギーに満ちたスケール感を演出するイルミネーションに感動すると思います。

夜明け~青空~雷雲~虹・花畑


南極大陸 The Antarctic Continent


地球最後の秘境と言われるのが『南極大陸』です。

何万年もの間、融けることなく碧く美しく輝く巨大な氷河や氷山。

極地に生きる野生動物のペンギンやクジラのドラマティックな姿は興奮と歓喜を巻き起こします。

澄んだ空気の中、360度どこまでも広がる満天の星空の大パノラマや、天空に極彩色の光が織りなすオーロラの出現は必見です。

白い大陸に広がる、見たこともない神秘的な美しさが印象的です。

息をのむ美しすぎる景色、桁外れの大氷河のスペクタルをお楽しみください。

青空~クジラ~ペンギン~オーロラ


アフリカ大陸 The African Continent.


壮大な大自然の光景が広がる、母なる大地アフリカ。

黄金に輝く太陽に照らされ、キリンやゾウなどの様々な野生動物達の命あふれる力強いシルエットがオアシスの水辺に映ります。

存在感を示すアフリカを象徴する木「バオバブ」など、サバンナに生きる野生動物や大自然を舞台に、雄大に広がる情景からは、圧倒的なスケールで世界の広さや神秘を実感できます。

夕日・バオバブ~野生動物~星空(天の川)



ユーラシア大陸 プリトヴィツェ湖群国立公園 Eurasia / Plitvice Lakes



『世界で最も美しい滝がある場所』として知られている世界遺産『プリトヴィツェ湖群国立公園』がモチーフになっています。

大小いくつもの階段状に点在するエメラルドグリーンの湖と滝が織りなす情景は、奇跡のような景観を生み出しています。

豊かな自然と、野生動物が力強く息づく楽園からは、鳥たちのさえずりが聞こえ、豊かな自然が満ちる躍動的な光景を演出します。

見どころは、秋になり葉がいろづき始め、鮮やかさを増していく情景です。

世界でも有数の紅葉スポットの錦秋の絶景。

四季があるが故の大自然がつくり出す色彩美で、生命の息吹をも感じます。

緑の大陸~鮮やかな湖面~紅葉

棚田(日本) ”TANADA” Japanese Rice Terraces



千枚田とも呼ばれる棚田の風景は、日本が持つ美しい原風景として親しまれています。

日本を代表する懐かしの風景であり、日本人が世界に誇る絶景です。
四季の移ろいの中で、そして、一日の中でさえ、さまざまに表情を変える情景は格別です。

棚田の水面に青空、白い雲が映り込み、山々に生命力を感じる季節。

夕焼けで鏡のように輝き、茜色に染まる感動の瞬間は叙情的で懐かしい情景で、また、美しい満月の光が、夜の棚田を照らし、ホタルの幽玄な光が舞う演出などもみどころです。
夏(ひぐらし)~夕焼け~月夜~ほたる

なばなの里のイルミネーションは、プロジェクションマッピングを使っていない事でも有名です。
LEDとプログラミング技術で彩られるイルミネーションを楽しんで下さい。
道なりに歩くと展望台に着きます。

近くで観るより、展望台からの方がイルミネーション全体を眺める事が出来ます。

大変な混雑なので、なるべくなら早い時間に行くことをオススメします。


アイランド富士


地上45mから、約7分間イルミネーションを楽しむことができます。

こちらは地上45mから、約7分間イルミネーション等の景色を楽しむことができます。

なばなの里のイルミネーションは勿論、天気が良ければナガシマスパーランドや三重や名古屋方面まで見ることができます。

料金が500円必要ですが、家族連れやカップルにはオススメです。

なばなの里 イルミネーションの期間

2016年 10月15日~2017年 5月7日

入村料 2,300円 (小学生以上)

なばなの里内で利用できる金券1,000円 付

※金券は里内でのお買い物やお食事等にご利用できます

※一部、券売機等では利用不可

期間限定サービス :10/15~5/7

なばなの里のチケットを14時までに購入し里内へ入村すると、べゴニアガーデン入館サービス特典あり(当日限り)

雨天時でも営業しています。雨天時はイルミネーションが綺麗に見れて実はお勧め。

光が地面に反射してとても幻想的な空間となります。

営業時間




■ 9時 ~ 22時

土休日 及び、繁忙時期(12/28~30、3/1~5/7)

(※12/31、1/1は除く)
■ 9時 ~ 21時

平日 及び、年末年始(12/31、1/1)

(※12/28~30、3/1~5/7は除く)

営業時間の詳細は、なばなの里の公式サイトでご確認ください。

http://www.nagashima-onsen.co.jp/page.jsp?id=15529

なばなの里 イルミネーション これまでのテーマ

2004年から始まった、なばなの里のイルミネーションは、2016年で13年目を迎えます。

自然美を最大限に活かし樹木のライトアップも行い、冬の華「イルミネーション」とのコラボレーションがなばなの里のイルミネーションの見どころです。

2004年 水上オブジェと15ミリツリー

2005年 水上イルミネーションとツインツリー

2006年 光の回廊を新設

2007年 テーマエリア 天の川

2008年 テーマエリア 花

2009年 テーマエリア オーロラ

2010年 テーマエリア 富士と海

2011年 テーマエリア 日本の四季

2012年 テーマエリア 大自然

2013年 テーマエリア 祝・世界遺産 富士

2014年 テーマエリア ナイアガラの滝

2015年 テーマエリア スイスアルプスと大自然
2016年  テーマエリア 大地 ~だいち~

また、光の回廊(光のトンネル)と別に、長さ100mの光のトンネルもテーマに沿ったイルミネーションで彩られています。

100mのトンネル


毎年テーマを変えて、様々な情景を表現しています。

彩り豊かになったLEDをふんだんに使用し、コンピュータープログラムなども交え、豊かな演出で表現します。
過去の100mトンネルテーマ
2006年 ブルーLED

2007年 クリスタルホワイト

2008年 カラフルLED

2009年 パープルLED

2010年 虹(レインボー)

2011年 宝石箱(色変わりするLED)

2012年 河津桜(ピンク)

2013年 もみじ(オレンジ・黄)

2014年 お花畑(黄、ピンク、緑)

2015年 青の世界(4種類の「青」)

毎年、趣向を凝らしたイルミネーションで出迎えてくれる『なばなの里』なので、リピーターが多いのも納得です。

なばなの里は、東海主要施設総動員数も9年連続で1位だそうです。

イルミネーションアワード イルミネーション部門の4連覇がかかる今年も、なばなの里のイルミネーションに決定して欲しいと思います。

なばなの里のイルミネーションは、長期間に渡って楽しめます。

冬に1回、春にも1回行くと、なばなの里のイルミネーションが違う雰囲気で楽しめます。

なばなの里のイルミネーションを是非ともご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク