明治神宮外苑 いちょう祭り 2016 黄金色のイチョウ並木は圧巻!

img_9976.jpg

『紅葉と言えば山!』

そんなイメージがありますが、東京にも紅葉を楽しめるスポットはあります。

高層ビルなどが立ち並び、紅葉とは無縁の大都会のイメージがある東京ですが、明治神宮外苑のイチョウ並木の紅葉は有名で人気スポットとしても知られています。

勿論、イチョウ並木なので紅葉と言うより黄金色に色付きます。

明治神宮外苑には、146本のイチョウの木が並ぶ東京の紅葉スポットです。

300メートルも続くイチョウ並木が、黄金色に輝く様は圧巻です。

聖徳記念絵画館まで続く約300メートルのイチョウ並木は、青山通り側から見ると、絵画館まで一直線にイチョウの木が並んでいます。

このイチョウ並木は、1枚の絵に見えるように計算した上で、植林及び絵画館が設計されているからだそうです。


11月の紅葉の時期になると、神宮外苑で、『神宮外苑いちょう祭り』が開催されます。

『神宮外苑いちょう祭り』には、都内外から多くの観光客で賑わいます。

神宮外苑 いちょう祭り 2016

開催時期:11月18日~12月5日

開催時間:10:00~18:00(土日祝は9:30から開始、最終日12/5のみ14時まで)

会場:いちょう並木噴水池周辺・軟式野球場

雨天決行(状況により中止する場合も有り)

神宮外苑いちょう祭りでは、全国各地のご当地グルメが屋台で楽しめます。

・お好み焼き

・富士宮やきそば

・青森せんべい汁

等のB級グルメや、

・ウニ丼

・牛タン

・ソーキそば

といった、日本各地のご当地グルメや、
・地酒

・ご当地スイーツ

・東京の最先端スイーツ

等もあり、地元特産品、工芸品の販売ブースや、産地直売の野菜、大道芸人が楽しませてくれたり、ご当地キャラの登場など趣向を凝らした祭りになっています。

明治神宮外苑 いちょう祭りは、家族で出掛けても、夫婦やカップルで出掛けても楽しめると思います。

明治神宮外苑の紅葉の見頃は?

明治神宮外苑の紅葉は、例年だと11月中旬から色付きます。

紅葉の見頃は11月下旬となり、12月上旬ごろまで黄金色のイチョウ並木を楽しめます。
イチョウの落葉は同時期になるので、黄金色に色付くイチョウ並木を楽しめるのは一時期しかありません。

明治神宮外苑のイチョウ並木を見に行く予定の人は、早めに行った方が無難だと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク