白骨温泉 泡の湯 女性が安心して入浴できる混浴露天風呂

img_9955.jpg

初秋の時期になると、露天風呂で開放感を感じながらノンビリとした時間を過ごしたくなります。

冷たい風と温泉のコラボで、至福の時間を過ごしたいものです。
露天風呂と言えば、混浴露天風呂も人気です。

ただ、混浴露天風呂は女性には少し抵抗があるかも知れません。

しかし、近年の混浴露天風呂では、女性は湯浴みを着用して入浴出来る混浴露天風呂も増えていて、女性も安心して混浴露天風呂を楽しめる施設も増えています。

長野県の温泉地で『白骨温泉』がありますが、『泡の湯』も女性が安心して入浴できる混浴露天風呂として人気を集めています。

混浴露天風呂『泡の湯』

長野県の白骨温泉内では、白骨温泉公共露天風呂など、各施設で日帰り入浴を楽しめます。
白骨温泉で人気の『泡の湯』では、混浴露天風呂が日帰りで楽しめます。

泡の湯は、女性にも人気の混浴露天風呂です。

女性に人気の理由

『白骨温泉 泡の湯』の混浴露天風呂が女性にも人気なのには理由があります。
女性が混浴露天風呂で気になるのは、やはり男性の目線だと思います。

泡の湯の混浴露天風呂は、女性が安心して入浴できるように考えられた造りになっています。

入場口は女性専用

白骨泡の湯の混浴露天風呂は、女性専用の出入口が用意されています。

脱衣場から大露天風呂に続く階段で入湯できるので、男性から全身を見られる事もありません。

広大な敷地

白骨泡の湯、混浴露天風呂は約70坪と広大な露天風呂なので、他の入浴している方と近づく事は少なくなっています。

また、入浴客が落ち着いて混浴露天風呂を楽しめるように、周囲には草花や岩場、流れ落ちてくる源泉など、人に目線が向きにくいレイアウト構成となっています。

また中腰で移動できるくらいの湯量なので、露天風呂内で立ち上がる必要もありません。
お湯は白濁湯の為、湯の中が透けて見える事もありません。

温度は低め

白骨の名湯として知られる『泡の湯』は、屋号にもなっている『泡の湯』の名の通り、炭酸分が多く含まれています。

炭酸分が多く含まれているため、肌に文字が書けるほどにきめ細やかな気泡が付く事が特徴です。

38℃前後の炭酸ガスを含有した硫黄泉は特に珍しいと言われています。
それは、40℃以上の高温泉だと、湯と炭酸ガスが分離してしまうからのようです。

泡の湯の「ぬる湯」は、含有したガスが身体に泡となって纏うので、温度が低めでも十分な温浴効果を得られます。

『白骨温泉 泡の湯』は低めの湯温なので、ゆっくりと混浴露天風呂を楽しめると思います。

白骨温泉 泡の湯 外湯・日帰り入浴

泡の湯本館では、旅館内の大浴場及び混浴露天風呂が楽しめます。

営業時間  10:30~14:00

施設内容:混浴野天風呂・男女別内湯・男女別野天風呂

料金:大人 820円 中学生以上大人

3歳~小学生まで 510円

その他有料の物

・タオル:250円、バスタオル:700円、シャワーキャップ:110円、カミソリ:220円

お問い合わせ:0263-93-2101

これからの時期は、紅葉狩りで長野県を訪れる方も多いと思います。
『白骨温泉 泡の湯』では、日帰りで混浴露天風呂を楽しめるので、紅葉狩りと一緒に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

勿論、雪景色の混浴露天風呂も最高のロケーションです。

雪道の運転には十分気を付けて、冬の混浴露天風呂を楽しんでください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク